変なホテルに泊まってみて感じた色々

変なホテル旅行

変なホテルはハウステンボスの公式ホテルですね。
http://www.h-n-h.jp/

色々な工夫で省力化・省人化が図られています。
ロボットが活躍しています。

基本的に人は表に出てこないようにしているみたいですね。
ホテル前の掃除は人がしていました。
部屋の掃除も人力でしょうけどね。

現在は変に思われますが、将来的にはこういう運営がスタンダードになるかもしれませんね。

公式サイトには駐車場はハウステンボス公式ホテルの駐車場を使うようにと書かれているが、ホテル前にも数台分の駐車スペースはあります。
ハウステンボス駐車場に停めても無料なのでどちらでも構わないけど、近いほうが便利ですよね。

ロボットが受付

変なホテル
受付は人型ロボットが1体と恐竜型ロボットが2体で担当してます。

チェックイン・チェックアウトは客がパソコンに名前などを入力します。
正常に処理できれば、カードキーが出てきます。

つまりロボットは飾りですね。
喋ったり体を動かしたりはしますがそれだけです。
タッチパネルさえあればロボットは無くてもいいかなと思います。

各部屋のドアで顔認証

変なホテル
カードキーは1枚しかもらえませんが、顔認証で入室できます。

部屋のドア前でカードキーをカードリーダーにかざしてカメラで各自の顔を登録します。
登録後は顔認証で入室できるようになりますので、カードキーは不要になります。

クローク

変なホテル
クロークは工場で使われるような多関節のアームロボットが担当します。

ガラスで囲われていますが、アームがブンブン振り回されます。
過剰にエンタテインメント要素が入っていますね。

ポーターロボット

ポーターロボットは荷物を客室まで運んでくれます。

ポーターロボットの移動にはスロープが必要です。
ですのでA棟にしか移動できないですね。

他の棟は一旦外に出ないと辿りつけないので、今のポーターロボットでは無理ですね。

ポーターロボットは2台ロビーに設置されていました。
あまり稼働率は高くなさそうですね。

ちゅーりーちゃん

変なホテル
客室にはハウステンボスのキャラクターのちゅーりーちゃんを模したコミュニケーションロボットがあります。

でもちゅーりーちゃんが理解できる言葉は少なめですね。
今日や明日の天気を聞いたら答えてくれるはずなのですが、データが受信できないと言って答えてくれませんでした。
ネットワークに繋がっていないのかもしれませんね。
客室にWifiは来ているのですけどね。

変なホテル 変なホテル

コメント

タイトルとURLをコピーしました